不審者対応避難訓練

本日2時間目に、「不審者対応避難訓練」を行いました。

子どもたちは、職員が不審人物が校内をうろついているという情報で、各教室の窓・扉を閉め、身を低くして待機。

複数の職員で不審者の動きを制したことを受けて、体育館に集合するという動きをしました。

実際には不審と思われる人物がどういう行動をとるのか、刃物などを持っているのか、何か危害を加えようとしているのか、様々な場合があります。

すべてのケースを体験することは不可能ですが、大切なのは「不審者と距離を持つこと」いう話しが担当の先生からありました。

sDSCN5959